衛生管理

メディカルフードの専門家を育てる

安心の衛生管理システム

安全を確保するための、安心のバックアップ体制。

一般の食事以上に、衛生面に万全を期さなくてはならないヘルスケアフード分野。
イフスコヘルスケアは、宇宙食の開発から生まれた「HACCP(危険度分析重要管理点)」をさらに進化させた「IFSCO HACCP マニュアル」の導入をはじめ、衛生指導員による巡回、衛生検査、社員やスタッフの衛生教育など、安全を確保するためのバックアップ体制を二重にも三重にも強化しています。

イフスコヘルスケアの調理工程管理システム

厚生労働省の大量調理マニュアルに基づいた「IFSCO HACCP マニュアル」

  • イフスコ ヘルスケアの病院・医療給食
  • 衛生管理のしくみ「HACCP」に基づいて作られた「厚生労働省の大量調理マニュアル」。このマニュアルに、メディカルフードの厳しい衛生基準を反映させたのが「IFSCO HACCP マニュアル」です。「つくる前」から「つくった後」までトータルに衛生維持できるよう、厨房への入場、食材の保管、調理作業、盛りつけ、食器の洗浄などについて、毎日、衛生管理チェックリストに記入することを各事業所に義務づけ。日常的点検に余念がありません。

衛生指導員やスーパーバイザーによるダブルチェック体制

現場でHACCPによる衛生管理がきちんと行われているかどうか、本社の衛生指導員が事業所を回り、衛生管理チェックリストの点検、調理器具の細菌学的検査などを抜き打ちで行います。グループ会社の一冨士フードサービス株式会社による第三者的な監査チェックも、定期的に行っています。 また、スーパーバイザーが事業所を巡回する際、衛生管理に問題がないかどうかをチェックし、改善点が見つかれば指導を行っています。

ほかにもこんな工夫を

  • イフスコカレンダー

    イフスコ ヘルスケアの治療食

    1カ月の日めくり式で衛生の基本事項を学ぶことができるカレンダーです。

  • 感染防止に役立つ「安心BOX」

    イフスコ ヘルスケアの行事食

    嘔吐物を安全に処理するキットをお客様にもご提供することで、施設内に感染症が広がるのを防ぎます。

社員 comment

  • 担当者

    [ 総務部係長 食品衛生指導員 音地 孝太郎 ]

    私たちが食事を提供しているお客様の多くは、健康な人と比べると、少し抵抗力の弱い方々。だからこそ、衛生面には一段と配慮をしなければならないと思っています。
    HACCPの遵守、抜き打ち検査、社員への衛生研修と、さまざまな対策を講じていますが、すべてに有効な食中毒対策は、実は「手洗い」。なんだそんなことか、と思うかもしれませんが、手洗いを徹底することが、事故を防ぐ一番の近道です。手洗いに始まり、手洗いに終わる衛生管理を、一日も欠かさず続けることが大切だと考えています。

国内認定・国際規格の取得

  • ISO14001

    JQA-EM0800

  • ISO14001の取得

    企業の社会的責任が叫ばれる今日、品質管理や環境問題に関して積極的な取組みが評価されて、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001 を取得しております。

  • イフスコ ヘルスケアの病院・医療給食
  • 医療関連サービスマーク認定

    (財)医療関連サービス振興会より病院内の患者給食サービスの認定事業者として指定されています。