人材育成|給食業者|イフスコヘルスケア株式会社

人材育成

メディカルフードの専門家を育てる

お客様を笑顔にするために、まず自分たちが笑顔になるところから始めたい。

そんな思いから、イフスコヘルスケアでは、自信を持ち、笑顔で仕事に取り組める人材の育成を行っています。スタッフ自らが使命とやりがいを見つけ出し、それを伸ばしていけるよう、充実した研修制度、バックアップ体制を整備。多彩な講習を通じて、偏りのない技術の向上にも努めています。ヘルスケア分野で必要とされる臨床栄養・食事形態などの専門知識、多様なご要望にお応えできる調理技術、そうしたスキルを身につけ、お客様に笑顔で貢献できる社員を、一人でも多く生み出していきます。
研修会

段階やスキルに応じた講習ラインナップ

メディカルフードサービスを行う上で欠かせない衛生、安全の基礎講習をはじめ、調理技術をレベルアップしていくための調理技術研修、栄養士としての知識と見識を深める栄養士研修など、社員レベルに応じた講習スケジュールを組んでいます。
外部講師による研修や社外研修なども実施しています。

スーパーバイザーによる事業所指導

スーパーバイザーが月1〜2回各施設の厨房を訪れ、スタッフが働く様子をチェックし、必要があれば、その場で指導やアドバイスを行っていきます。
こうした本部社員による事業所巡回により、自己を高めようとするスタッフの意識が育っていきます。

新人を育てるトレーナー制度

集団での研修だけでなく、個人に対応したOJT教育にも力点を置いています。
入社一年目の社員一人ひとりに、「トレーナー」と呼ばれる指導役を配置し、業務の進め方やノウハウはもちろん、仕事への心構え、イフスコヘルスケアの理念などをマンツーマンで伝えていきます。期間中は、トレーナーと「パートナーノート」のやりとりを行い、いろいろな仕事の悩みや課題を相談し、解決していきます。
全社員が偏りなく、しっかりスキルアップしていけるよう、講習会だけでなく、トレーナー制度やスーパーバイザーによるチェック指導などをしくみとして取り入れています。
食事づくりは、調理する人の経験に負うところが多いものですが、どの事業所でも高品質な食事をご提供できるよう、すべての社員が高いレベルの技術と専門知識を身につけられるシステム・研修制度が重要と考えています。
特に社内講習では、新人からベテランまで幅広く対応した研修メニューを用意し、社員同士がコミュニケーションし合い、お互いに磨き合う土壌となっています。
[ 総務部係長 永田 美紀 ]
主な実施研修
このページのトップに戻る