業務案内|介護・福祉サービス

福祉施設給食請負|イフスコヘルスケア株式会社

見た目も味も「おいしい」、 毎日を楽しくする「心にあたたかい食事」を

高齢者施設や障がい者施設の利用者様にとっで食事は楽しみの時間。家庭の食卓で食事するような安堵感、ぬくもりを感じて頂けるよう気を配っています。毎日食べても飽きない味を基本とし、季節や旬を感じて頂ける献立、食事を雰囲気から楽しんで頂くイベント食などを積極的にご提案。利用者様が心待ちにしておられる食事の時間を豊かにすることに、努力と手間を惜しみません。

明日の力になるお食事

加齢によって生じる、摂食・嚥下食の低下。しかし口から食べる喜び、味覚や舌ざわりを楽しめるうれしさは、人の心に力強い自信と生きる活力を与えます。
そんな考え方に従い、イフスコヘルスケアでは「食べる幸せを感じていただける食事」をめざし、きざみ食等の食事形態はもちろん、摂食・嚥下力が低下した方向けの「介護食」に力を入れています。
介護食
介護食
要介護度や障害度が高い方への食事としては、ミキサー食が一般的ですが、イフスコヘルスケアでは「食べたいと思える食」をめざし、一度ミキサーにかけた料理を食材の形に合わせてゼリー状にする「介護食」を開発しています。
目と食感を楽しみながら、しっかりと栄養をとっていただきたいとの願いを込め、盛り付けにも工夫をこらしています。
イベント食
イベント食
料理をつくるところから目にしていただく。これもひとつの楽しみではないでしょうか。
そば打ち、天ぷらなど、調理スタッフたちがおもてなしの心をこめ、お客様の目の前で調理実演し、お料理を提供します。日ごろの食事とはひと味ちがう、非日常のわくわく感に満ちた「食べる時間」を過ごしていただけます。
支援システムについて 詳しくはこちらから
担当者から ひとこと
高齢者施設事業所責任者 高木 靖史
食べる方に合わせてきざみの大きさを変えたり、器の色合いを考えたり。高齢者施設では、特にそうした工夫が求められます。アイデアを出し合い、良質な食事を常に目指していくためには、現場のモチベーション管理が不可欠。年齢も経験も違うスタッフがチームワーク良く動けるよう、配置やシフトに配慮し、施設の担当者様とも気持ちを合わせながら、ムダのない運営を心がけています。
障がい者施設事業所責任者 小田 高幸
障がい者施設は、ご利用者様の障がいの種類により求められる食事形態が様々ですので、臨機応変な対応が必要です。私が勤務している施設では元気で食事も普通に召し上がる方ばかりなので、魚を形よく煮付けたり、やきそばには下味をつけるなど、見た目や味、ボリュームでご満足いただけるよう工夫しています。また、ご利用者様とのコミュニケーションも大切だと考えており、お名前をおぼえるように努力しています。「今日は何?」「ごちそうさま」と声をかけてくださると励みになります。
介護・福祉施設 導入事例
このページのトップに戻る