業務案内|病院・医療サービス

病院・医療給食請負|イフスコヘルスケア株式会社

「元気になろう」。そんな一人ひとりの気持ちに合わせて

患者様にとって、食事は大きな楽しみ。治療に必要な栄養バランスがとれ、食べ易く、喜びを感じて頂ける食事提供を心がけています。患者様の姿を思い浮かべながら、一食一食何をどのように食べて頂けるか吟味し、ご提供するのが、イフスコ ヘルスケアのこだわり。
施設様と連携を図り、多様化・複雑化する患者様のニーズにお応えします。

明日の力になるお食事

「病院の食事は美味しくない」という時代は過ぎ、温かく美味しい食事が当たり前になってきました。とはいえ、食事は治療の一環として大きな役割を果たしており栄養状態の改善の為、患者様個々の管理が求められようになってきています。事業所責任者・管理栄養士・栄養士を中心に当社のノウハウ・経験を生かし連営・献立作成を行ってまいります。
治療食
糖尿病や腎臓疾患など、摂取制限がある方に対し、体にやさしく、しっかり栄養をとっていただける献立をご用意しています。
退院後、自宅での食事づくりの参考になるような「模範的な食事」をめざしています。
行事食
入院中であっても、季節の移ろいは感じていたいもの。献立には、旬の食材や行事ならではの食材を使用し、季節感を高めています。
患者様とともに、病院で働く職員様の健康を守る食事提供も怠りません。味付けの好みや食べたいものなどのご要望にも、できる限りお応えしています。
支援システムについて 詳しくはこちらから
担当者から ひとこと
献立開発課チームリーダー 管理栄養士 今森 貴子
病院食の場合、使用する食材などに制限があります。しかし、そういった中であっても、各病院ごとの基準をきちんと満たしながら、ワンパターンにならず患者様に喜ばれる献立を構成するよう心がけています。事業所の栄養士に対しては施設様とのつながりを持てる環境を作れるよう、第三者的立場でアドバイスを行っています。
事業所責任者 土屋 里織
入退院の患者様で、毎日のように食数が変わる病院。施設側がまずご心配なのは「患者様にとって最適なタイミングで、ひとつのもれもなく食事が出せるか」ということだと思います。その不安を取り除いていただくために、現状把握を十分に行い、帳票や顔を合わせてのコミュニケーションを通して、現場のスタッフや病院の栄養士様とこまめに情報交換していきます。
病院・医療施設 導入事例

このページのトップに戻る